スポンサードリンク

ウェブデザイン技能検定情報HOME >> ウェブデザイナーになるには >> Webデザイナーの活躍分野

2008年01月30日

Webデザイナーの活躍分野

Web専門のデザイン事務所

「Web専門」というくらいですから、高いデザイン力や、技術を求められます。

制作スケジュールもタイトなため、作業スピードが必要になります。
2~5人程の小さい会社が多いので、ある程度の即戦力がないといけません。

しかし、レベルの高いスキルを持つ、先輩デザイナーの元で仕事ができることは、自分の技術を高める上ではぴったりの環境だと思います。

更に、毎回違ったサイトを制作する場合が多く、やりがいもあり、自分の作品をどんどん増やすことができるでしょう。

企業のデザイン部門・Web管理部門

自社のWebサイトの運営管理、更新作業が中心になり、社内からの依頼案件に関する調整が多いようです。
よって、高いデザイン力や、技術を求められることは比較的少なくなります。

場合によってはデザイン会社やシステム会社への発注業務が主となる可能性もあり、基礎的なディレクション力も求められます。

IT系大手企業

企業が運営するホームページの更新業務が中心です。
ある程度決められたデザインやレイアウト制限の中で作業することも多く、その決められた水準に達していないと仕事になりません。
外部に発注する業務も多いので、基礎的なディレクション力も求められます。

フリーのWebデザイナー

SOHO在宅や個人事業として1人で仕事をしているデザイナーです。
自ら仕事を取ってきて、制作等を行うために作業に追われる場合が多い反面、作業時間は自分に合わせてスケジュールを組めます。

制作した成果対してダイレクトに入金があるために大きなやりがいもあります。
見積書や請求書なども自分で作るので、WordやExcelなどのスキルは必須。
また税金などの知識も必要となってきます。

やり方によっては、月に100万円以上の収入を得ることも可能です。

広告代理店

基本的には外部のデザイナーを使うという業務がメインとなり、業務内容の殆どがディレクションになります。
しかし、急な修正などに対応するため、基礎的な制作業務も少なくはありません。

大企業のWebサイトを提案することも多く、プロのデザイナーと対等に渡り歩く必要があるので、ある程度経験を積む必要があります。

DTP専門のデザイン事務所

最近、DTPを専門で扱ってきたデザイン事務所が、Web制作を始めてその人員としてWebデザイナーを求めている場合があります。

DTPとは、コンピューターを用いて原稿の作成、レイアウト、版下作成など出版のための一連の作業を行うこと。

そこではWeb専門のデザイン事務所ほど高い技術は求められませんが、DTPの技術も必要になってきます。

ウェブデザイン技能検定受験対策講座・セミナーNews!!

haa_af.jpg

ウェブデザイン技能検定ウェブデザイン技能検定3級対策講座

ウェブデザイン技能検定は、試験対策として公式テキストやセミナーなど、まだ情報が少ない状況です。

Webデザインスクールや講座、専門学校などを探してみましたが、今のところ対応しているところは、1校のみ。

この検定にいち早く、対応し、短期間で試験対策できる講座を開講しているのが、ヒューマンアカデミーです。


ウェブデザイン技能検定受験についての最新情報なども公開されるようです。

Web講座についての詳しい資料はこちらから。無料で請求できます。
ウェブデザイン技能検定ウェブデザイン技能検定3級対策講座

« Webデザイナーとは? | ウェブデザイン技能検定情報HOMEへ | Webデザイナーの年収と給料 »

【ウェブデザイナーになるにはカテゴリーの関連記事】

Webデザイナーになるには
Webデザイナー専門の知識と技術をもつということ
Webデザイナーの年収と給料
Webデザイナーの活躍分野
Webデザイナーとは?
Webデザイン系資格の違い


Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

HOMEへ   ▲画面上へ ブックマークに追加する