ウェブデザイン技能検定情報HOME >> ブラウザ・ソースコード >> アドレス(URL)のしくみ

2008年01月31日

アドレス(URL)のしくみ

すべてのURLは、「プロトコル名+ホスト名+ドメイン名」で構成されています。

例えば、このサイトでは、

http://(プロトコル名)www(ホスト名).webdesign-skills.com/(ドメイン名)

【プロトコル】

プロトコルとは、コンピューターの世界でコンピューター同士がやりとりできる共通の言葉のこと。
通信手順、通信規約。

ドメインの「http://」の部分をプロトコル名といいます。

「http」は、Hyper Text Transfer Protocolの略。
ウェブコンテンツをやりとりするためのプロトコルになります。

「https」は、Hyper Text Transfer Protocol Securityの略。
「http」にセキュリティの「s」が付加されたもので、ブラウザ上でクレジットカード番号や個人情報を送信する時などに、情報を暗号化して通信することができるプロトコルです。
情報を暗号化することで、情報を保護します。

ファイル送受信用のプロトコル・・・[ftp/Fire Transfer Protocol ]

メール受信用のプロトコル・・・[pop/Post Office Protoco]

メール送信用のプロトコル・・・[smtp/Simple Mail Transfer Protocol]

【ホスト名】

[www]の部分はホストまたは、ホスト名。
Webページを構成しているHTMLファイル、GIFやJAPGなどの画像ファイルを管理するコンピューターの名前で、多くのホストサーバーで[www]という名前が使用されています。

複数のホストサーバーを持つ企業などは、[www]以外の名をつける場合もあります。

【ドメイン名】

ドメインとは、[www]に続く、[○○.com]の部分のこと。
ドメインはインターネット上の住所のようなもので、ネットワークに接続しているコンピューターがどこに存在しているかを示すものです。

実際には、数字が割り当てられ、コンピューターを機械同士で認識できるしくみになっています。
この数字のことを[IPアドレス]といいます。

IPアドレス
「000.000.000.000」の12桁の数字で構成されている。
3桁に満たない場合は、1桁または2桁の場合もある。

DNS/Domain Name Server
ドメイン名とIPアドレスはDNSにより関連付け(マッピング)が行われている。

ウェブデザイン技能検定受験対策講座・セミナーNews!!

haa_af.jpg

ウェブデザイン技能検定ウェブデザイン技能検定3級対策講座

ウェブデザイン技能検定は、試験対策として公式テキストやセミナーなど、まだ情報が少ない状況です。

Webデザインスクールや講座、専門学校などを探してみましたが、今のところ対応しているところは、1校のみ。

この検定にいち早く、対応し、短期間で試験対策できる講座を開講しているのが、ヒューマンアカデミーです。


ウェブデザイン技能検定受験についての最新情報なども公開されるようです。

Web講座についての詳しい資料はこちらから。無料で請求できます。
ウェブデザイン技能検定ウェブデザイン技能検定3級対策講座

« OSによる違い | ウェブデザイン技能検定情報HOMEへ | ドメインのしくみ »

【ブラウザ・ソースコードカテゴリーの関連記事】

ドメインのしくみ
アドレス(URL)のしくみ
OSによる違い
ブラウザの多様性


Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

HOMEへ   ▲画面上へ ブックマークに追加する

タグ: