ウェブデザイン技能検定情報HOME >> ブラウザ・ソースコード >> ブラウザの多様性

2008年01月31日

ブラウザの多様性

ブラウザは、ソースコードを表示させるためのソフトの一種。
Internet Explorer、Firefox、Operaといったブラウザの種類があり、それぞれHTMLの解釈の仕方が異なるため、同じHTMLを読み込んでも、見え方が違ってくる。

閲覧する側の環境は、製作者側には決められない。
閲覧する側の環境によっては、Webデザイナーの意図した通りに表示されないケースが発生することが、Webデザインの最も難しい点、Webデザイナーの悩みの一つでもあるでしょう。

一番よく利用されているのが、Internet Explorerですが、このIEにも異なるバージョンが存在します。

例えば、2008年1月時点での最新版は7.0ですが、それ以前には、6.0、5.5、5.0というようにいくつかのバージョンがあります。

それぞれのバージョンによって、ソースの表現方法や、表示結果が少しづつ違います。

特にCSS構築のウェブサイトは、レイアウトが崩れることがよくあるので、CSSの各バージョン、各ウェブブラウザの対応状況に関しては、情報収集や確認作業は欠かせません。

Internet Explorer
マイクロソフトが提供する無償のWeb ブラウザ

Safari
Mac OS X版のみ。
10.4(Tiger)からバージョン2.0になり、「Safari RSS」となった。

Firefox
Mozilla Foundationが開発・公開している無償のWebブラウザ
Windows版、Linux版、Mac OS X版がある。

ウェブデザイン技能検定受験対策講座・セミナーNews!!

haa_af.jpg

ウェブデザイン技能検定ウェブデザイン技能検定3級対策講座

ウェブデザイン技能検定は、試験対策として公式テキストやセミナーなど、まだ情報が少ない状況です。

Webデザインスクールや講座、専門学校などを探してみましたが、今のところ対応しているところは、1校のみ。

この検定にいち早く、対応し、短期間で試験対策できる講座を開講しているのが、ヒューマンアカデミーです。


ウェブデザイン技能検定受験についての最新情報なども公開されるようです。

Web講座についての詳しい資料はこちらから。無料で請求できます。
ウェブデザイン技能検定ウェブデザイン技能検定3級対策講座

ウェブデザイン技能検定情報HOMEへ | OSによる違い »

【ブラウザ・ソースコードカテゴリーの関連記事】

ドメインのしくみ
アドレス(URL)のしくみ
OSによる違い
ブラウザの多様性


Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

HOMEへ   ▲画面上へ ブックマークに追加する

タグ: