ウェブデザイン技能検定情報HOME >> ブラウザ・ソースコード >> OSによる違い

2008年01月31日

OSによる違い

Windows以外にもMacintoshやUNIXなど異なるOSでの環境でも、HTMLの解釈が異なり、表示結果に違いが生じます。

同じソースコードであっても、ブラウザによって表示の仕方が異なることから、ブラウザの種類と各種仕様を把握する必要があるのです。

【ガンマ値の設定】
WindowsとMacintoshでは、初期設定のガンマ値が異なります。

ガンマ値とは、画面階調の明るさを表わす数値のこと。
ガンマ値は、係数が高いほど画面が暗くなります。

一般的には、Windowsでは、2.2、Macintoshでは1.8という設定になっています。

そういったことから、Windowsを基準に制作した画像は、Macintoshでは明るく表示され、その逆のケースも発生します。

対応策としては、はじめから、ガンマコントロールパネルでモニターのガンマ値を調整・保存しておくとよいでしょう。

ちなみにPhotoshopでは、【ビュー→校正設定→Windows RGB】【ビュー→校正設定→Macintosh RGB】を選択すれば、それぞれのOSの見え方をプレビューして確認できます。

【フォントの設定】
WindowsとMacintoshでは、それぞれのシステムに標準でインストールされているフォントが違い、それぞれ特有のフォントもあります。

そのため、ある環境では、システムに標準でインストールされているフォントに自動的に置き換わってしまったり、1行で納めるように想定しても2行になってしまうなど、レイアウトが崩れる場合があります。

対応策としては、CSSで、OSなどの環境に左右されないフォントを指定するようにします。

ウェブデザイン技能検定受験対策講座・セミナーNews!!

haa_af.jpg

ウェブデザイン技能検定ウェブデザイン技能検定3級対策講座

ウェブデザイン技能検定は、試験対策として公式テキストやセミナーなど、まだ情報が少ない状況です。

Webデザインスクールや講座、専門学校などを探してみましたが、今のところ対応しているところは、1校のみ。

この検定にいち早く、対応し、短期間で試験対策できる講座を開講しているのが、ヒューマンアカデミーです。


ウェブデザイン技能検定受験についての最新情報なども公開されるようです。

Web講座についての詳しい資料はこちらから。無料で請求できます。
ウェブデザイン技能検定ウェブデザイン技能検定3級対策講座

« ブラウザの多様性 | ウェブデザイン技能検定情報HOMEへ | アドレス(URL)のしくみ »

【ブラウザ・ソースコードカテゴリーの関連記事】

ドメインのしくみ
アドレス(URL)のしくみ
OSによる違い
ブラウザの多様性


Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

HOMEへ   ▲画面上へ ブックマークに追加する

タグ: